人数規模別、ベンチャー転職に向いている人

デザイン思考による新規事業コンサル ステラアソシエ トップ >  Black Box >  青山で働く社長のブログ >  人数規模別、ベンチャー転職に向いている人

人数規模別、ベンチャー転職に向いている人

人数規模別、ベンチャー転職に向いている人

新規事業コンサルタントの保木です。
Quoraを使い初めて、2週間ほどが経ちました。11月15日現在、回答数38とそこそこのヘビーユーザーになりつつあります。投げられる質問が面白いので、移動時間などの暇を見つけては回答しています。総閲覧数が7,200回を超えていて、結構な人数の方に見て頂け嬉しいです。
その中で、「ベンチャーへの転職」という弊社の採用にも関係するテーマがあったのでご紹介します。詳細は下記を参照ください。

ベンチャーへの転職で気をつけておくべきことはありますか?(25歳の男性です。)に対する保木 佑介 (Yusuke Hoki)さんの回答 – Quora

ベンチャーといっても、人数規模によって求められる能力・マインド、得られる旨みが大きく違うので、4つの人数規模に分けて解説しています。

ベンチャー企業 成長 ステージ

https://job.mynavi.jp/conts/2018/tok/p/8270/

弊社はここでいうアーリーステージになるわけですが、このタイミングで入社いただく方は新卒・中途に限らず「雇われ人」ではなく、「共同創業者」の位置づけになります。つまり、自分の成長が会社の成長に直結します。会社が大きくなることに比例して、自身の給与が上がり、仕事のチャンスが大きくなるなど、浮き沈みをモロに感じやすいです。
分業された一部分をやるのではなく、落ちている仕事を拾ったり、必要だけど今はない仕事を自ら作るなど、主体的に仕事をしたい人には向いていると思います。人に言われて受動的に動いたり、決められたレールに沿って動くよりも、ある程度自分の考えをもって行動していきたい人には適した環境です。今後ベンチャーと言われる会社に就職・転職を考えている人は参考にしてください。その他、新規事業に関する質問を共有いたします。

新しいビジネスのアイデアが浮かんだら、まずは何から始めればよいでしょうか?に対する保木 佑介 (Yusuke Hoki)さんの回答 – Quora

新規事業として(条件が良さそうに見える)フランチャイズ契約を結ぶ話があった場合、事前にその事業を見極める方法はありますか?に対する保木 佑介 (Yusuke Hoki)さんの回答 – Quora

仲良くお昼寝

社長 ペット 猫

保木 佑介
保木 佑介
RPAホールディングスにて、総合化学メーカーや総合電機メーカーの研究開発部長を中心に、100以上の新規事業プロジェクトに従事。RPAホールディングスがマザーズ上場したことを機に、2018年5月当社を設立。得意領域は、MaaS、化学、社会インフラIoT、サイバーセキュリティ。趣味は猫を愛でること、文章を書くこと、フットサル。