大手自動車部品メーカー / 副部長様

デザイン思考による新規事業コンサル ステラアソシエ トップ > 大手自動車部品メーカー / 副部長

スタートアップに飛び込んで得たもの

「就社」で感じた限界

 

ー 次の事業の柱となるような、「他業界への事業展開」が目下の課題

 

新卒入社から約30年勤めた自動車部品メーカーで、事業部長・役員候補として仕事をしていた。
営業畑から始まったキャリアは順調だったが、

次第に新サービス・事業企画など営業に留まらない業務を任されるようになる。
特に、次の事業の柱となるような、「他業界への事業展開」が目下の課題

顧客基盤が安定している、既存事業の枠組みで仕事人生を歩んで来たため、

「事業の種をどう見つけるか?」「見つけたとして、どう事業に繋げていくか」といった根本的なことが分からない。
また、他業界進出において、既存事業のような自前主義を貫くのは難しいと感じているが、

ベンチャーとどう協力すればいいか分からない。
売上だけを追ってきたため、幹部になるにあたっては経営目線を身に着けることも急務

大手自動車部品メーカー副部長様のイメージ画像

自動車部品メーカー 副部長様 ステラアソシエ

プロジェクトの内容

スタートアップ留学 プロジェクトの内容

アウトプット

 

ー 経営にかかるコストを詳細に把握でき、かつ経営者が抱えるリアルな経営課題を聞くことで

〇 経営目線がついた

歯車のアイコン ステラアソシエ

・知見がない市場に対して、既存事業のナレッジを生かす思考プロセスや、

ネットワークの拡大手法などゼロイチの力が着いた

・大手以外の環境で働いたことがなかったため、双方の得意不得意が

初めて理解でき、スタートアップと協業する際のポイントに気づけた

デジタルを目的とせず最善手を提案
国内最先端R&D情報のハブ

・経営にかかるコストを詳細に把握でき、

かつ経営者が抱えるリアルな経営課題を聞くことで経営目線がついた

詳しくはお問い合わせください

以下のフォームを送信いただくと、資料をダウンロードできます。

資料はメールでお送りします。

新規事業の意思決定を加速するために、プロフェッショナルの情報をお届け

世界100万人のプロフェッショナルネットワークがあなたの事業判断を加速させる

大手SIerがスタジアム
鉄道会社との実証実験が実現するまでの軌跡
生き残りをかけた本気イノベーション

大手SIer

スポーツビジネス

大手SIer

IoT市場

大手自動車部品メーカー

モビリティ市場

・技術の用途仮説立案から

・キーマンに対する顧客インタビューや

・オンラインで新規顧客を獲得してほしい

デジタルマーケティング

・製品技術の世界初/No1を証明してほしい

ファーストテックサーチ

Poc先開拓まで一気通貫で行ってほしい

新規事業コンサルティング

営業提案によって、事業推進をしてほしい

キーマンアクセス

トップに戻る