広告運用とは?運用型広告と既存の広告の違いを簡単にご説明

広告運用とは?運用型広告と既存の広告の違いを簡単にご説明

広告運用とは?運用型広告と既存の広告の違いを簡単にご説明

ここでいう「広告」とは、運用型広告のことを指しており、広告運用とはこの運用型広告を運用することです。

では運用型広告とは何でしょうか?

この定義は、いわゆる看板広告と比較するとわかりやすいです。

看板広告は、その看板を使用する権利を購入して、契約によって決めた期間に限り、広告を掲載することができます。

一方で運用型広告は、掲載する場所(webメディア)や入札額等が明確に定まっていません

もっというと、以下に狙った場所に広告を掲載し、入札額をコントロールできるかどうかは、広告運用者のスキルに依存しています。

また一口に運用型広告と言っても、種類は様々です。

・リスティング広告
・ディスプレイ広告
・SNS広告

そのため、それぞれの広告によって、その運用に必要とされる知識やスキルも異なってきます。

出典:運用型広告の特徴やメリットとは?主な種類や成功のポイントを解説

保木 佑介保木 佑介
保木 佑介
RPAホールディングスにて、総合化学メーカーや総合電機メーカーの研究開発部長を中心に、100以上の新規事業プロジェクトに従事。RPAホールディングスがマザーズ上場したことを機に、2018年5月当社を設立。得意領域は、MaaS、化学、社会インフラIoT、サイバーセキュリティ。趣味は猫を愛でること、文章を書くこと、フットサル。
トップに戻る