顕在ニーズとは?新規顧客獲得で意識すべき用語を簡単に解説

顕在ニーズとは?新規顧客獲得で意識すべき用語を簡単に解説

 顕在ニーズは、顧客自身が自覚しているニーズのことを言います。顧客自身が、自分が求めているものを認識している場合「ニーズが顕在化している」などと表現されます。

 

 顧客は、このニーズを満たすための行動をとることになります。

 

顕在ニーズの具体例

 

 例えば、ランニングシューズの広告を頻繁にクリックしている人がいるとします。その場合、顕在ニーズは「ランニングシューズが欲しい」になります。

 

 このように顕在ニーズは、顧客自身が自覚して、それに伴った行動を起こします。ですので、アンケートを取ったり、顧客の行動を見れば企業はすぐにニーズの把握ができるという特徴があります。

 

顕在ニーズの利用

 

 ニーズが顕在化している顧客は、ニーズを満たすように行動を起こします。すなわち、告やlp(ランディングページ)との相性がよくなります。

 

 サービスの売り込みが目的の広告やlpには、基本的にニーズが顕在化した顧客しか訪れません。それを前提にページを作成することで、より効果的なページを作ることができます。

 

保木 佑介保木 佑介
保木 佑介
RPAホールディングスにて、総合化学メーカーや総合電機メーカーの研究開発部長を中心に、100以上の新規事業プロジェクトに従事。RPAホールディングスがマザーズ上場したことを機に、2018年5月当社を設立。得意領域は、MaaS、化学、社会インフラIoT、サイバーセキュリティ。趣味は猫を愛でること、文章を書くこと、フットサル。
トップに戻る