インサイドセールスとは?これまでの営業手法との違いを解説

インサイドセールスとは?これまでの営業手法との違いを解説

インサイドセールスとは?これまでの営業手法との違いを解説

インサイドセールスとは、マーケティングと営業の仕組みのことで、見込み顧客の商品やサービスに対する購買意欲を踏まえて、それに応じて適切なコミュニケーションをとる方法です。

 

具体的に何をするの?

 

例えば購買意欲が低そうなリードに対しては、参加へのハードルが低いセミナーや少人数勉強会の案内等を送ります。

一方で購買意欲が高そうなリードに対しては、テレアポやサービス紹介資料の送付等を行います。

このようにして、購買意欲に応じた適切な施策を打つことで見込み顧客を育成していき、徐々に見込み顧客を育成していきます。

これによって営業効率が高まるのが、インサイドセールスに取り組むメリットだと言えます。

ただし今後も、顧客と対面で商談を行うフィールドセールスの形態は必要だと言えます。

というのも、例えば高価なBtoB商材は、やはり営業マンからでないと購入しにくいからです。

インサイドセールスだけで営業は完結しないという点が重要です。

従来の営業とは何が違うの?

 

従来の営業では、1人の営業マンが自分が担当する分の顧客リストを作成し、そのリストに対してテレアポや商談を行うのが一般的でした。

ただしこの場合、営業マン1人あたりの業務量が膨大になってしまい、営業効率が上がりにくいという課題がありました。

それに対しインサイドセールスを導入することで、この営業マンの役割を分散させることができます。

つまり、顧客リストの作成等をする人と、テレアポや商談設定を行う人を別で設けます。

これによって営業マンはテレアポや商談設定の業務に集中できるので、一日あたりにアプローチできる顧客数が増え、結果的に営業効率を高めることができます。

引用:https://satori.marketing/marketing-blog/marketing-automation/insidesales-basic/

保木 佑介保木 佑介
保木 佑介
RPAホールディングスにて、総合化学メーカーや総合電機メーカーの研究開発部長を中心に、100以上の新規事業プロジェクトに従事。RPAホールディングスがマザーズ上場したことを機に、2018年5月当社を設立。得意領域は、MaaS、化学、社会インフラIoT、サイバーセキュリティ。趣味は猫を愛でること、文章を書くこと、フットサル。
トップに戻る