検索連動型広告とは別物?リスティング広告の正しい定義とは

検索連動型広告とは別物?リスティング広告の正しい定義とは

検索連動型広告とは別物?リスティング広告の正しい定義とは

リスティング広告とは、にユーザーがGoogleやYahoo!などで検索したキーワードに連動し、検索結果等に掲載される広告のことを指します。

そしてリスティング広告には、検索連動型広告とディスプレイ広告の2種類があります。
リスティング広告=検索連動型広告ではないことに注意が必要です。)

検索連動型広告は検索結果に表示される広告なのに対して、ディスプレイ広告は閲覧しているサイト上に表示される広告です。

リスティング広告には、大きく3つの特徴があります。

①設定が終われば、今すぐにでも広告を出稿することができる
②広告を表示させるキーワード(サイト)を自分で決めることができる
③1クリックあたりに支払う料金の上限を自由に設定できる

このようにリスティング広告は、スキルさえあれば、自分で広告費用やスケジュールを柔軟にコントロールしながら、広告を出稿していくことができます。
その点は、例えば看板広告や電車広告などにはない大きなメリットと言えます。

出典:https://anagrams.jp/blog/basic-knowledge-of-listing-ads/#i-2

リスティング広告について、その運用方法などをより具体的に知りたい方はこちら
成果が出るLP作成と広告運用のノウハウ【LPと広告文、広告運用編】

保木 佑介保木 佑介
保木 佑介
RPAホールディングスにて、総合化学メーカーや総合電機メーカーの研究開発部長を中心に、100以上の新規事業プロジェクトに従事。RPAホールディングスがマザーズ上場したことを機に、2018年5月当社を設立。得意領域は、MaaS、化学、社会インフラIoT、サイバーセキュリティ。趣味は猫を愛でること、文章を書くこと、フットサル。
トップに戻る