ニュース

Society5.0 医療/ヘルスケアの第2回オープンイノベーションMeet Upを開催しました!

Society5.0 医療/ヘルスケアの第2回オープンイノベーションMeet Upを開催しました!

 

 

1.Meet up開催の背景

7月末、ステラアソシエ主催のオープンイノベーションMeet Upを開催しました。

このイベントは、様々な業界の大手企業で研究開発や新規事業担当者が集まり、今後メガトレンドとなる市場における新規事業の企画をするワークショップや、新規事業成功事例を用いた勉強会などを行うことで、今後のオープンイノベーションに繋げることを目的としています。

第2回目ということで、参加企業数も徐々に増えてきました。

今回は、国が推し進めているメガトレンド「Society5.0」の”医療/ヘルスケア”をテーマとして、デザイン思考を用いた新規事業企画ワークショップを実施しました!

Society 5.0の医療/ヘルスケアは、遠隔医療や介護のICT化のみならず、栄養データベースを用いた1to1献立作りのような、パーソナライズヘルスケアや診断支援、画像診断など、多方面の業界企業に参入余地がある分野として注目されています。

参考:日本経済団体連合会「Society 5.0 時代のヘルスケア 」

Society5.0は医療/ヘルスケア以外にも、農業、食品、エネルギーなど7つの領域で検討が進められているため、今後のMeet upでも別の領域について、実施する予定です。

 

■参加企業様(敬称略)

  • 株式会社日立システムズ(SIer)
  • 八千代工業株式会社(自動車部品メーカー)
  • コニカミノルタQOLソリューションズ株式会社(電気機器メーカー)
  • 建材メーカー、製薬メーカーの新規事業ご担当者

この記事では、当日の様子をお伝えいたします!

 

2.当日実施した活動内容

 第1回目と同様で、お集りいただいだほとんどの方は、医療/ヘルスケア領域は専門領域外でした。よって弊社から、Society5.0とは?その中でも医療/ヘルスケアは?という観点で基礎知識や国が思い描いている未来に関して説明しました。

Society5.0は、IoTやAIなどの新たな技術を活かして、フィジカル空間から大量のデータをサイバー空間に蓄積し、解析することで、新たな価値提供を行う社会です。

その後、Socity5.0 医療/ヘルスケアに関しての説明を行いました。今までの医療/ヘルスケアは、年齢層や健康状態など大雑把な分類で、実施されていたと思います。

Socity5.0 医療/ヘルスケアの世界では、個々人の健康データや医療データを解析することで、1人1人に合った医療/ヘルスケアが実施されます。

 

このような社会が実現されると、IT企業だけでなく、リアルテック領域の企業にも参入可能性が十分にあるとイメージ出来たと思います。

そして、自社がどういった形で関われるかうっすらイメージが沸いたところで、デザイン思考ワークショップを行いました!

今回のゴールは、各社の技術を活かして、Socity5.0 医療/ヘルスケアでのサービスを企画すること。2チームに分かれて新規事業サービスを出していただきました。

Socity5.0 医療/ヘルスケアのサービスは、3段階のプロセスで構成されています。各項目毎に、考え方でアイデアを出して貰いました。

全く無の状態からアイデアを発散するのではなく、自分が生活する上で健康や体のことで困っていること、知りたいことを起点に、アイデアを出し合うことで、両チームとも面白いサービスアイデアがどんどん出てきていました。

短い時間でのブレストでしたが、各チームとも50~100個のアイデアが出たと思います。

※因みにこの段階では、出したサービスアイデアに対して自社のアセットが活かせるかどうかは検討しません。

 

3.アイデア事例

少しだけ、今回出た面白いサービスアイデアをお見せします!

・居酒屋レコメンドサービス

居酒屋に行く方が飲食するモノのデータと健康状態のデータを掛け合わせることで、病気の予防のため、最適な食べ物の情報を提供したり、その食べ物を注文した場合クーポンを貰えるサービス。このサービスを通じて得たデータは、生命保険などの提案にも活用可能。

・やる気モニタリングサービス

自分自身や部下などのモチベーション状態をリアルタイムにモニタリングすることで、どのような状態や環境であれば自分が最大限の力を発揮できるのかを把握できるサービス。

またこのサービスとコーヒーショップなどの飲食店が連携し、最適なタイミングでコーヒーを届けてくれる。

医療機関とも連携し、精神状態が不安定になれば、精神科への受診を促してもくれる。

このように様々なアイデアを出し切ったあと、それぞれ直観的に良いと感じたものに投票し、さらに深掘りするアイデアを選定しました。

今回は、ジョブ理論というフレームワークを用いて、ターゲットとなる顧客と彼らが無意識に抱えている障害を整理しました。

課題ニーズを満たし、無意識に発生している障害を解決できることを、先ほど選定したサービスにさらに肉付けする形で深掘りを行い、チャネルや収益モデルまで検討し、最終的にビジネスモデルを作成しました!

ワークショップに参加するまでは、Society5.0に対してなんとなくイメージを持っていた皆さんでしたが、最終発表の頃には、お互いに「いいアイデアが出たね~!」と話しており、各社が今後どういった形でSociety5.0の医療/ヘルスケア市場と関わっていくべきかクリアになったのではないでしょうか。

 

(最終発表の様子)

4.懇親会

考えるって頭と体力を使いますよね。

今回も皆さんお待ちかねの懇親会を実施いたしました!

長時間集中して頭を使った後だからでしょうか、皆さんお酒が進み、各人の夢や悩みなどまじめな話から、お馬鹿な話まで夜遅くまで盛り上がりました。

前回から参加してくださった方も、今回初めての参加だった方も全員が「Meet upをもっと人を呼んで盛り上げていこう!」と言ってくださったことには、企画側として大変嬉しい限りです。

もちろん日中に真面目な議論も行った上ですが、懇親会で距離感が近くなることで、「もっとこの人たちと仕事がしたい!」と思えることが、各社が連携したオープンイノベーションを前に進める原動力となっていることと思います。

 

5.最後に

今回参加いただいた方へのアンケートでは、

  • ジョブ理論のフレームワークが分かりやすくて、よかった。使用してみようと思う。
  • 想定外にいいビジネスアイデアが出た。各社と連携していきたい。
  • 他業種の方とディスカッションすることが出来、いい経験になった。

というようなご意見をいただき、参加していただいた皆さんに満足していただけたのではないでしょうか!

 

6.次回Meet upのお知らせ

ステラアソシエでは、今回のようにMeet Upのイベントを2か月に1回ほど開催しており、次回は9/27(金)15:00~を予定しています!

次回のテーマはSociety 5.0の7領域のうち、医療以外のテーマにする予定です!

そして、開催場所は、コニカミノルタ様のご厚意により、WeWork新橋になることが決定いたしました!

(ビールがタダで飲めることで有名な)WeWorkでワークショップ後にそのまま懇親会に入りますので、盛り上がること間違いありませんね。

業界が異なる新規事業や研究開発の方々とお会いできる良い機会と存じておりますので、ご興味がある方は、以下お問い合わせフォームよりご連絡ください!

■お問い合わせフォーム

https://stella-associa.jp/contact/

■Meet upの詳細

  • 日時:9月27日(金)15:00~17:30
  • 会場:WeWork新橋
  • 住所:東京都港区新橋6-19-13
  • 参加費:無料
  • 懇親会:Meet up後に希望者を対象とした懇親会を開催いたします。(※参加費3,000円/1名)

引用:Wework新橋HP

大浦博之
大浦博之
学生時代はバイオテクノロジー/有機化学/分析化学の研究に従事。Nature Communicationへ研究成果がアクセプト。 新卒で京セラに入社。セラミック電子部品の設計に携わる。京セラ退社後、急成長ベンチャーであるSpeeeにて、SEOを中心としたウェブマーケティングのコンサルティングに従事。 3社目のRPAホールディングスにて、専門分野である化学やITを生かし、総合化学メーカーや化粧品メーカー、SIerを中心に新規事業立ち上げを支援。また、RPAを活用した社内新規事業にも関わり、RPAのエンジニアリングも習得。 2019年1月、ステラアソシエにジョインし、コンサルティング部隊のマネージャーと、マーケティング責任者を兼務。趣味はバー巡り。

Leave a Comment