起業に人脈は必要か?

起業に人脈は必要か?

起業に人脈は必要か?

ステラアソシエを作ってから、こんなことをいう学生や社会人の方とお会いします。

将来起業したいので、その時のためにセミナーに積極的に参加して人脈づくりをしています。」

起業して、会社を成長させるには人脈が必要だと思っての行動なんでしょうが、あまり共感できないです。
起業やビジネスで人脈が重要だと思われがちな理由は、人が自分に対して何かをしてくれると勘違いしてるからです。

仮にビルゲイツとパーティーで知り合えたとしましょう。彼はあなたに何かをしてくれるでしょうか?今後の生きる糧になるような、金言をくれるかもしれませんが、それ以上のことはしてくれません。
仮にビルゲイツが興味を持つような事業を自分が運営していれば、株を買ってくれたり、出資してくれるかもしれません。

全ては自分の力量次第ということです。

基本的に、自分の事業やアーティスト活動等に魅力があれば、人脈は自然と形成されます。有益な情報はネットで拡散されるので、人脈がなくても有名になれますし、人も集まってきます。

私の前職のRPAホールディングス(以下RPAHD)で四年勤めて、それを実感しました。元々、誰も知らないような企業でしたが、働き方改革でRPAが注目され、当時RPAの第一人者だったRPAHDは、各所から引き合いが来ました。誰もが知ってる一流企業から導入や協業の問い合わせが殺到し、問い合わせ対応ができないほど社内はパンクしました(たしか、ピーク時は1日あたり70,80件の問い合わせがありました)。

現在はそれが落ち着き、問い合わせが来た数十社の企業と協業等を進めています。でもそれは、元々人脈があったからできたわけではありません。事業に魅力があるから向こうから来たということです。

このエピソードを踏まえると、わざわざ人脈作りに奔走することは、その真逆をいっていると言いますか、本質的ではないです。人脈を作りたい人こそ、自分と繋がりたいと思わせるような努力が必要だと思います。
集まることが目的になってるセミナーなどで、名刺交換に勤しむとかは時間の無駄だと思ってます。人脈の作り方を語るような書籍も必要ありません。

「じゃあ本当に、起業で人脈は全く必要ないの?」と聞かれると、起業して数年以上経営した経験がある人のツテは有効です。私自身、2人ほど知り合いにいたので、オフィス探しや税理士探しのポイント、登記後にマストでやる事務手続き等々、本やウェブを見ても分からないようなことを聞くことができました。
ただ、自分がファウンダーではなく、元々他の人が設立した会社の2代目以降の社長の場合は、起業の実務に関しては詳しくないので、あくまでファウンダーを頼りましょう。

その人と繋がっていて、かつ気軽に質問をできるような関係構築ができているのであれば人脈は十分なので、他のことに労力をかけることをお勧めします。

 

保木 佑介
保木 佑介
RPAホールディングスにて、総合化学メーカーや総合電機メーカーの研究開発部長を中心に、100以上の新規事業プロジェクトに従事。RPAホールディングスがマザーズ上場したことを機に、2018年5月当社を設立。得意領域は、MaaS、化学、社会インフラIoT、サイバーセキュリティ。趣味は猫を愛でること、文章を書くこと、フットサル。